高校コース

資格取得

■進学・就職後に役立つスキルを
【パソコンが使えるとは?】

日常生活はもちろん、仕事でもいまやパソコンを使うことが当たり前の時代。
パソコンを使いこなせることが当然のように要求されます。
会社では見積書や報告書などWordやExcelを使って作成される書類をあなた自身が作らなければならないときに困らないためにも
今のうちに自身のスキル(能力)の向上をしませんか?
【基礎から徹底的に学びたい】

まだパソコンを使ったことがない。そういう方もご安心ください。
電源の入れ方からメールの使い方といったスタートラインから文書作成といった実務レベルに至るまで責任を持ってバックアップします。
【就職に役立つ資格を】

四国高等学院は、履歴書にも書くことができる資格の取得を応援します!
それはパソコンをどれだけ使いこなすことができるか…その確かな証明を得ることはこれからの活動に必ず役に立つと信じるからです。
客観的、そして明確に企業で通用する力の目安にもなる下記資格の取得を早いうちに取得されることをお勧めします。

■マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
1.就職の心強い味方

マイクロソフトオフィススペシャリストは会社などでよく使われる「Word」や「Excel」といったオフィス製品の利用能力を開発したマイクロソフト社自身が認定する資格です。合格の基準が統一されているため、日本国内はもちろん世界各国でも通用する価値ある資格の一つです。資格の知名度も高く、能力評価アップや就職・転職の際の実務能力の証明に役立つ資格です。
2.自分のパソコンスキルの確認に

初めてパソコンの勉強をされる方にとって、学習目標にされる資格でもありますので自分のパソコンのスキルを確かめる指標にもなります。
3.更なるスキルアップへ

知名度の高いスペシャリストレベルはいまや殆どの人が取得していると言ってもおかしくないほどです。スペシャリストレベルでは難しい用途や目的に応じての環境設定・データの有効活用などの高度な機能を駆使した作業ができるレベルにも対応できるのが「エキスパート」レベルです。
この取得は、就職ならびにキャリアアップにも武器となる価値ある資格とも言えましょう。
四国高等学院のパソコン講習はエキスパートレベルにも対応してます。
4.就職・転職時のアピールポイント

非正規雇用が目立つ現代社会においては、派遣会社への登録は必須事項です。
派遣会社による社員選考、そして派遣先でも優遇されるスキルの取得はそれ自体十分なアピールポイントにもなりえます。
5.自分だけのペースで学びたい
専門のインストラクターがあなたのスキルアップをお手伝いします。

■パソコン検定(P検)

1.学校教育と社会・企業に共通する「ITスキル」資格

学校教育と社会・企業に共通する「ITスキル評価基準」を統合・体系化した資格試験です。
一般的なソフトウェア操作のみならず、パソコン知識やネットワーク、モラルなど、IT利活用スキル全般(情報リテラシー)をカバーした検定試験でもあります。
2. 公平・公正・中立

「公平・公正・中立」を理念に掲げ、特定のベンダーに依存せず、幅広い企業・組織・学校・家庭において有効に使われるICT利活用能力を総合的に評価する資格試験制度であるという特徴を持っています。